メニュー

障子

紙にも種類がある

障子紙の張替えをするときには、障子紙の種類と特徴を良く知って選ぶようにしましょう。少しでも価格の安いものであれば機械すき和紙、高級志向なら手すき和紙が良いでしょう。耐久性を求めるならプラスチック素材を選ぶのが良い方法です。

障子

内装の修繕

障子の張替えについては、業者によって作業内容や費用がことなります。普段から付き合いのある業者などがない場合には、複数の業者から見積もりを取ったり作業内容の説明を受けるなどして比較検討することが大切です。

張替

自分で替えかプロに頼むか

障子の張替えには時間と場所と道具、コツが必要です。コツを掴んで慣れれば障子の張替えも楽にできますが、慣れていない人は、簡単に行うことができないのが現実です。コツは、古い障子をきれいにはがすことですが、心配ならプロも考えましょう。

障子

丁寧に張替えをしよう

障子の張替えは道具と手順をしっかり守れば自分でも行うことができます。また、アイデア次第で和室だけでなく洋室にも合う障子に仕上げることもできます。気分を変えたい時、模様替えしたい時などにもおすすめです。

男女

仕上りの良さで決めるなら

昔は障子やふすまの張替えは家族みんなで協力してやったものですが、住宅事情や家族構成の変化によって近年難しくなりました。プロの建具屋さんにお願いすれば、値段もリーズナブル、手垢など汚れもきれいに落としてくれて、家の中があかるくなります。

ペットや子供が居ても安心

張替

水にも強くてお手入れ楽々

日本の住まいを代表する居宅様式には障子戸もありますが、今では多彩な障子紙が販売されており、それぞれのご家庭に合わせて張替えられることから人気です。白い無地のほか、草花をはじめとしたステキな模様が入ったお洒落なタイプや、透光性を高めた明るいタイプなど機能性が付加されたタイプも揃っています。機能性という面では遮熱性を付与された障子紙もあり、これに張替えれば冷暖房効果の向上が望めるため、注目を集めているのです。一方、障子は見た目が美しい反面、破れやすいのが課題ですが、近年ではそれを克服した丈夫なタイプも販売されています。とりわけプラスチックタイプの場合、紙とは比較にならない強度を持っていますから、ペットを飼っているご家庭では特に人気です。猫や犬が引っ掻いても破れにくく、障子戸があっても安心して暮らせるため支持されています。また、プラスチックタイプなら小さなお子様のイタズラにも強く、張替える回数を減らせることで好評です。そして、プラスチックタイプの障子紙は、ペットや小さな子供が居ない大人だけのご家庭でも評価が高く、重宝がられています。その人気の秘訣は水に対しても耐久性があるためで、たとえ汚れてもサッと水で拭けるなど、紙の障子では考えられなかった使い勝手の良さが優れたポイントです。丈夫さだけでなく、お手入れのやりやすさでも定評があり、最近では障子を張替える際、プラスチックタイプを選ばれるご家庭が増えています。